ごあいさつ

当協会は、無認可任意団体・日本ヌートリア交流協会です。
ヌートリアと言いますのは、ネズミの化物の様な動物で、頭の先から尻尾の先まで、大きなもので、1m弱。
しかし、雰囲気はビーバーちゃんの様なカワイイ生き物です。
ところが、各自治体等から、有害獣に指定されて、肩身の狭い思いをしてる様です。
当協会は、このヌートリアを暖かく見守ってあげよう、と言うものであります。

発起人 hiromon

2012年6月28日木曜日

子供ヌートリア、カラスに追われて、スタコラサッサ!!  三十六計逃げるに如かず!

6月24日日曜日、再度「機動観察班」を昆陽池公園に出してヌートリアを観察致しました。
丁度、子供のヌートリアが岸で草を喰んでいたら、カラスが近づいて脅しに掛かって来ました。

そこは、子供とはいえ処世術に長けたヌートリア、三十六計逃げるに如かず!と脇目もふらず、スタコラサッサと逃げて行きました。(笑)



本当に、ヌートリアは世慣れています。

尚当日、例によってツイットキャスティングで現場生中継を行いました。
当日見そこねた方の為に、ここに中継録画を貼って置きます。



  


2012年6月21日木曜日

昆陽池公園の仔ヌートリア、白鳥にけむたがられる

6月2日に、我が機動観察班が昆陽池公園でヌートリアを1匹だけ確認しましたが、
先日「合計4匹確認!」との情報提供がありました。
さっそく6月17日午後3時過ぎに機動観察班を出動させました。
当日は、大1匹、小2匹の3匹を確認できました。

小1匹の写真


相変わらず、散歩人にエサをねだらずに、自分で捕食してる様で、盛んに水草を食べていた様子が伺えました。

しかし、あまり、白鳥の周りを泳ぎまわるので、白鳥にけむたがられている様です。






「相手は子共やし、まぁエェか~~」 と大人の対応の白鳥でした。



2012年6月14日木曜日

川西市・最明寺川にて、ヌートリア観察会

先にご紹介した、「広報かわにし」で、最明寺川で、ヌートリア遊泳の記事がありました。
5月27日午後、最明寺川にヌートリア探索に出かけました。
近所なので自転車です。
猪名川合流点から、阪急電車の平井車庫までが一応の目標です。
と言う事で、最初の往路では、何も見えず、でしたが復路で
「お!居ました!!」
少し小型ですが悠々と泳いでいます。
しかし、カメラを取り出すと、茂みに泳いで入ってしまいました。

何やら、はにかみ屋さんの様です。
ヌートリアらしからぬ性格の様です(笑)。

位置関係は、こちらです。


最明寺川自体は、コンクリート護岸ブロックですが、それなりに土砂も堆積して、ヌートリアも困らない風情です。


逃げ込んだ「はにかみ屋さん」ヌートリアの目撃イメージ


近くの川岸には、珍しい「ブラシの木」が真っ赤な花を咲かせていたのが、目を引きました。
P5270020

P5270022


2012年6月7日木曜日

ヌートリアが昆陽池公園に戻って来ました

先日、Twitterを見ていたら、昆陽池公園のヌートリアらしき写真をアップロードされてる方が居られました。
お!これは本物だ!と思ったので、6月2日土曜日、昆陽池公園に 『機動観察班』 を出動させました。
と言っても、私がカメラを持って自転車で行っただけですが・・・・

一時間ほど、池の周りを散策する振りをして、ヌートリアを探しましたが居ません。
もっと、早朝か夕方に改めて出直そうかと、ベンチに座ってぼんやり考えてると、観察池水面に怪しげなる姿を発見!
紛れもなく、『ヌートリア』です。



どうやら、以前居た個体とは別物で、独立した若いヌートリアが新天地を求めて昆陽池公園にやって来た様です。
まだ、人に左程馴れてなくて、エサは自分で探すものだと思っている所が初々しいです。
水に潜るとき、お尻かヒョコと持ち上がる所がカワイイですね。
これが、馴れてくると、公園散歩の人に、エサをねだる様になってきます。

調子に乗って、ツイットキャスティングで現場生中継も敢行いたしましたが、距離がありすぎて、よく見えません。
2分すぎ頃から、画面中程で、うごめく茶色いかたまりが、ヌートリアです。



何とか、昆陽池公園でカップルが出来て繁殖できたら、と思います。


【追記】先日情報提供がありました、大小2匹確認できたそうです。