ごあいさつ

当協会は、無認可任意団体・日本ヌートリア交流協会です。
ヌートリアと言いますのは、ネズミの化物の様な動物で、頭の先から尻尾の先まで、大きなもので、1m弱。
しかし、雰囲気はビーバーちゃんの様なカワイイ生き物です。
ところが、各自治体等から、有害獣に指定されて、肩身の狭い思いをしてる様です。
当協会は、このヌートリアを暖かく見守ってあげよう、と言うものであります。

発起人 hiromon

2012年10月25日木曜日

伊丹市・緑ヶ丘公園 久々にヌートリア確認される

10月20日(土曜日)、昆陽池公園にヌートリアを見に行きました。
が、居ません・・・・・
帰りに、緑ヶ丘公園に寄って見ましたら、何やら、中洲の草むらでうごめく怪しい影・・・
居ました、ヌートリアです。
それも、大きめの個体です。


1年半以上、伊丹市・緑ヶ丘公園でヌートリアを見ませんでしたが、久々の発見です。


犬を散歩されてたご婦人に聞きますと、もう一匹いる様な話です。
しばらく、様子を見てましたが、当日は1匹だけしか確認できませんでした。

しかし、久々の復活で、喜ばしい事です。
ワナなど、仕掛けられなければ良いなぁ、と思いました。





2012年10月18日木曜日

昆陽池公園、冬鳥第一陣到着?

土曜日(10月13日)午後、昆陽池公園にヌートリアを見に行きました。
が、居ません・・・・・
代わりに、カモ類がずいぶん増えた様に感じました。





渡り鳥が渡ってきたにしては、少し早いかな?と思いました。

ヌートリアが、居ないなぁ~、とか思っていたら。
横を通りかかった、家族連れの方も声が聞こえて来ました。

母 「今日、アレ、おらへんなぁ~、あのビーバーみたいな奴」
父 「ちゃうで、カピバラみたいな奴やでぇ~~」
母 「ビーバーやん!」
父 「ちゃうちゃう、カピバラ!!」
娘 「・・・・・・・・・心の声(あほちゃうか)」

と言う事で、会話から察すると、ちゃんと居るときには居るようです。

それでは、『居る時!』の雰囲気のビデオを。


また、後日見に行きたいと思います。

2012年10月11日木曜日

天王寺動物園にもヌートリアが居ます。

先日、バルセロナ動物園のヌートリアを紹介しましたが、天王寺動物園にもヌートリアが居ます。
大阪の天王寺動物園、スカイツリーのあやかり人気の通天閣のすぐ横です。

サンディさんが、様子を見に行って下さいました。
そしたら、びっくり仰天、あろうことか子供が生まれています。


何やら、避妊手術に失敗したとか・・・・
何と、手術の時に、前歯の次に大事な「金」を一つ隠していたそうです。(笑)

大事な金を隠し通した「短尾君」
(尻尾が短いところからサンディさんの命名)


動物園にいても、そこはヌートリア好奇心旺盛です。
お客さんの携帯電話が気になって仕方ありません。



取り敢えず、一家仲良く育って欲しいものです。