ごあいさつ

当協会は、無認可任意団体・日本ヌートリア交流協会です。
ヌートリアと言いますのは、ネズミの化物の様な動物で、頭の先から尻尾の先まで、大きなもので、1m弱。
しかし、雰囲気はビーバーちゃんの様なカワイイ生き物です。
ところが、各自治体等から、有害獣に指定されて、肩身の狭い思いをしてる様です。
当協会は、このヌートリアを暖かく見守ってあげよう、と言うものであります。

発起人 hiromon

2012年11月28日水曜日

昆陽池公園、観察橋下に、ヌートリア除け金網設置か?

25日(日)前日の大雨が止んで、晴天に成りました。
朝一番(日曜時間)に、自転車で昆陽池公園に向かいました。

ちょっと来ない間に、ずいぶん冬鳥が増えた様子です。



鳥たちの鳴き声も賑やかで、冬の到来を感じさせます。

ん??
んん????

よく見ると、観察橋の下部に、怪しげなる網が見えます。
金属ネットのようです。
何時、設置されたのでしょうか?



以前は、カモなどの小型の水鳥たちは、観察橋の下を泳いで行き来してました。
しかし、鳥なら、ちょっと面倒でも、ひとっ飛びで観察池内に入れます。

それならば、対象は?
泳ぎ専門と言えば、やっぱり「ヌートリア」でしょうか?




オイオイ、これで終わったら、「日本野鳥の会」や!!
と言うお叱りのお声が聞こえてきそうなので、お約束のヌートリアを!

2012年11月22日木曜日

ヌートリアを見に行ったら、代わりにカワセミを見ました。

18日(日)午後3時過ぎに、伊丹市の緑ヶ丘公園に、ヌートリアを見に行きました。
毎度おなじみの散歩コースです。

公園入口から、池の方に歩いて行くと。
見つけました、いきなり発見です。
「カワセミ」を・・・・・・・・・・

カワセミと言えば、深山幽谷分け入り、清流中の清流で、やっと見つけたらエメラルド色の羽根を燦かして、あっという間に飛び去って行く・・・・・
と言うイメージを持ってましたが、ここ数年、町中の池や川沿いでアッチコッチで割りと見ます。
緑ヶ丘公園も例外ではなく、下手すると、ヌートリアよりもよく見かけます。

肝心のヌートリアは?

居そうな雰囲気ですが見つかりません・・・・・

と言う事で色付いた紅葉などを見ながら散策して、帰宅しました。


オイオイ!それじゃ、「日本カワセミ協会」やん、と言う声が聞こえてきそうです・・
一応、ヌートリアのビデオも置いておきます。




2012年11月7日水曜日

ヌートリア、お昼寝中

11月3日(土)今週も、緑ヶ丘公園に出動です。
前週と前々週は、割りと夕方に近い時間帯だったので、今週は、お昼に行きました。
昼食後すぐに出動です。

緑ヶ丘公園、何となくカワセミ狙いかな?
と言う感じの、大型望遠レンズのカメラを据え付けてる人が何人か居られました。

肝心の、ヌートリアは?と言うと、中々居ません、やはり昼は、昼寝の時間でしょうか?


しかし、あきらめずに、目を凝らしていると、「ア! アレ!!アレは??」

何やら、それらしきものが見えます。

お!ヌートリアです、居ました!
堂々とお昼寝中!!


目が開いている様なので、嘘寝か?


おっと!こっちの視線に気づいた様で、
「昼寝の邪魔するな!」と睨まれました・・・・


と言う事で、お昼は、昼寝の時間でした。



2012年11月1日木曜日

緑ヶ丘公園のヌートリア

20日(土)に引き続き、27日(土)も、緑ヶ丘公園に行ってみました。
桜の葉が少し紅葉し、残暑残暑と言っていたのが、少し秋らしくなって来ました。


今日も居るかと、目を凝らすと、居ました!ヌートリアです。
今日は、一段とオトコマエ?に見えます。


もう一匹居るとの情報も有ったので、探してみますが、見つかりません。
その内、天気予報の通り、雲が出てきだしたので、雨が降り出す前にと、撤収いたしました。