ごあいさつ

当協会は、無認可任意団体・日本ヌートリア交流協会です。
ヌートリアと言いますのは、ネズミの化物の様な動物で、頭の先から尻尾の先まで、大きなもので、1m弱。
しかし、雰囲気はビーバーちゃんの様なカワイイ生き物です。
ところが、各自治体等から、有害獣に指定されて、肩身の狭い思いをしてる様です。
当協会は、このヌートリアを暖かく見守ってあげよう、と言うものであります。

発起人 hiromon

2013年3月21日木曜日

ヌートリアを自宅で飼っていた

ヌートリアをご自宅で飼っておられた、能美Pさまからコメントを頂きました。

お話をお聞きしましたら、今から6年ほど前に、台風の後、怪我をして親から離れてしまったヌートリアを見つけたそうです。
連れて帰って、役所に許可書を申請して、養生したそうです。
仲々厳しくて、当時でも「マイクロチップ」を義務付けられたそうです。



仲々カワイイですね、名前は「プーちゃん」です。



ネコ用の我が家で上機嫌です。





元気いっぱいで、可愛がって貰ってましたが、3年ほど前に寿命が来たそうです。



写真は5点は「能美P」さまの撮影です。
能美Pさま情報のご提供ありがとう御座いました。

ところで・・・
今、もし、ヌートリアを保護したら、許可書が取れるのでしょうか?






2013年3月14日木曜日

緑ヶ丘公園にヌートリアを見に行ったら、観梅の会だった

3月9日、暖かかったので、緑ヶ丘公園にヌートリアを観に行きました。
すると何やら、ずいぶんと様子が違います。



観梅と野点の会との看板です。
風流な模様し物の様です。





既に、野点の時間は終了していた様ですが、まだ、余韻を楽しんだり、梅を眺めたりしている方が大勢おられました。

私も梅園内を散策しました、略八部咲きで、程よい加減です。
園内には、梅の香りも漂っていて、心地良いです。
梅の香りに誘われたメジロが集まって、蜜を盛んに吸って居ました。



おっと、池までヌートリアを見に行くのを忘れてはいけません。
しばらく、池の周囲を散策しましたが、ヌートリアは、あまりの賑やかさにビビってしまった様です。



2013年3月7日木曜日

ヌートリアのCilloちゃん、ニンジン摘み食い

ローマのクリスティーナさん宅で飼われている、ヌートリアのCilloちゃん。
相変わらず、元気いっぱいでイタズラしている様です。

Cilloちゃんに丁度良さそうな、ニンジン (馬のオヤツ用らしいです) を買ってきて、キッチンの隅に置いて、ちょっと目を離したらこの有様。



鼻は、よく効くようです!