ごあいさつ

当協会は、無認可任意団体・日本ヌートリア交流協会です。
ヌートリアと言いますのは、ネズミの化物の様な動物で、頭の先から尻尾の先まで、大きなもので、1m弱。
しかし、雰囲気はビーバーちゃんの様なカワイイ生き物です。
ところが、各自治体等から、有害獣に指定されて、肩身の狭い思いをしてる様です。
当協会は、このヌートリアを暖かく見守ってあげよう、と言うものであります。

発起人 hiromon

2016年10月20日木曜日

福井城でヌートリア探索

福井城のお堀にヌートリアが居るらしい、と風聞があったので確認に行ってきました。
ちょうど、良いタイミングで休みだったので、「鉄道の日記念切符」3000円JR西乗り放題を使いました。
今は、敦賀まで新快速で行けるので、普通電車乗り継ぎでも大変楽です。
福井駅に降り立ってビックリ!大都会の駅に変身しています。
駅前の恐竜のお出迎えにもビックリ。
先ずは腹ごしらえ、福井と言えば、「ソースかつ丼」、ソースかつ丼と言えば「小川家」

評判通り、中々美味しかったですが、想像より、お肉が薄い様に感じました。

満腹に成った所で、先ずは柴田勝家の「北の庄城跡」に行ってみました。

ご覧の通り、資料館があるだけで、お城は影も形もありません。

それではと、福井城跡に転戦、現在は県庁として使われています。

結局、ヌートリアを発見出来ませんでしたが、「人面魚」を発見!

なんだか、おじさんの人魚みたいです。

今は県庁ですが、福井城は随分と立派だった様です。
何と言っても越前松平家は徳川の御家門筆頭、御三家よりも格上とか嘯くお家柄です。
そこで、福井市立郷土歴史博物館も覗いてきました。

福井の歴史がコンパクトに纏められていて、判りやすかったです。