ごあいさつ

当協会は、無認可任意団体・日本ヌートリア交流協会です。
ヌートリアと言いますのは、ネズミの化物の様な動物で、頭の先から尻尾の先まで、大きなもので、1m弱。
しかし、雰囲気はビーバーちゃんの様なカワイイ生き物です。
ところが、各自治体等から、有害獣に指定されて、肩身の狭い思いをしてる様です。
当協会は、このヌートリアを暖かく見守ってあげよう、と言うものであります。

発起人 hiromon

2017年1月30日月曜日

ついに、大阪城のヌートリアの秘密が明かされる

沼狸庵翁嫡斎(私のペンネーム)は新刊本を発行致しました。
タイトルは「聚楽亭の公達たち」
本著でついに、大阪城のヌートリアの秘密が明かされます。


http://amzn.to/2kJAhP0

主な登場人物は、生年順に

関白左大臣 豊臣秀次
備前中納言 宇喜多秀家
宰相中将 結城秀康
式部卿 八条宮智仁親王
金吾中納言 小早川秀秋



大阪城のヌートリアの秘密を解き明かすのに、この豪華絢爛の登場人物を用意致しました。

黄金に満ちた綺羅びやかな政権を打ち立てた豊臣秀吉、しかし大した出自を持たない秀吉には強固な一族郎党が存在しなかった。
また、秀吉自身も晩年まで実子に恵まれず、政権に後継者が居ないという重大な不安を抱いていた。
本能寺の変以後、天下取りが現実のものとなった秀吉はこの欠陥を予見して着々と手を打っていた、すなわち、養子猶子を設定し疑似一族を構成したのだ。

ヌートリアのために、結構大掛かりです。
ご興味がお有りの方は、ご一読頂けたらありがたいです。

お取り扱いは、現在Kindle版のみに成っています。

2017年1月28日土曜日

鳥インフルエンザ警戒中のヌートリア

今週末も意外に暖かかったので、公園まで行ってきました。
相変わらず鳥インフルエンザ厳重警戒態勢が施かれています。



先週居た下池を警戒線越しに覗きましたが居ないようです。
どっかに行ってしまったかと、今度は上池を覗いてみました。
すると、居ました3匹確認できました。



2匹しか写ってませんが3匹居ました。
え、どう言う事?
週替りで上池と下池を移動してるの??
まぁ、ビデオで御覧下さい。



ビデオには3匹写っています、先週のとおんなじヌーでしょうか?


http://amzn.to/2kwKFq6

2017年1月21日土曜日

ヌートリアと鳥インフルエンザ

ついに恐れていた事が起こりました。
伊丹市の昆陽池公園で高病原性鳥インフルエンザの感染が確認されたようです。
近所の公園を見に行きましたが完全防疫体制です。



水も漏らさぬ体制です。
ヌートリアは如何してるかと見ますが、規制線で池に近づけません。
黄色いテープがまるで殺人事件現場の様です、CSIか!って突っ込みたくなります。
とよく見てると、居ました。



親子二匹仲良く居ました。
いつもの様にビデオも撮りました。




http://amzn.to/2jKEcKN

2017年1月8日日曜日

公園のヌートリア、子供誕生!!

土曜日、小春日和だったので公園にヌートリアを見に行きました。
上池にはいなかったので、下池に回って見ました。
そしたら、びっくり仰天、子供ヌートリアが2匹いました。
知らん間に赤ちゃんを産んでいた様です。



何やら赤い木の実を拾って食べている様子です。



親はどこ行った、と周囲を歩いていると池の反対側に居ました。
子供と親をそれぞれビデオに撮っておきました。



いつも思いますが、ヌートリアって泳ぎがめちゃ上手なくせに、水に入るのがめっちゃ下手です。
毎度、こわごわ水面を覗いて、そろそろ前足を出すが結局ドボンと嵌って泳ぎ始めます、どうしてそんなに下手なんでしょうか?

さて、最初に見た上池ですが大変けしからん事が起こっていました。
ほんとに法律違反もはだはだしいです、ビデオにまとめておきました。




http://amzn.to/2i52hXV

2017年1月1日日曜日

ヌートリアより新年のご挨拶

みなさま、明けましておめでとう御座います
本年もよろしくお願い申し上げます