ごあいさつ

当協会は、無認可任意団体・日本ヌートリア交流協会です。
ヌートリアと言いますのは、ネズミの化物の様な動物で、頭の先から尻尾の先まで、大きなもので、1m弱。
しかし、雰囲気はビーバーちゃんの様なカワイイ生き物です。
ところが、各自治体等から、有害獣に指定されて、肩身の狭い思いをしてる様です。
当協会は、このヌートリアを暖かく見守ってあげよう、と言うものであります。

発起人 hiromon

2012年5月17日木曜日

広報かわにし5月号にヌートリア登場

先日、帰宅したら郵便受けに川西市の広報誌 「広報かわにし5月号No.1277」 が配達されてました。
何と、「特集出没する野生動物」、と言うサブタイトル付きです。


[広報かわにし5月号4ページのコピー]


着替えるのももどかしく、中身を見ると、明らかに外来種を敵視する表記がありました。
在来種であろうと、外来種であろうと、土着したらどちらも野生動物です。
もし、駆除する必要があれば、被害に応じて必要最小限の駆除を行えば良い訳です。

2ページに被害金額とかが出ていますが。
イノシシ204万円。
アライグマ、126万円。
シカ、80万円。
ヌートリア、36万円。
被害面積のグラフに至っては、ヌートリアの部分がよく見えないほどです。




2 件のコメント:

  1. 今日、大阪城公園にヌートリアを見に行きました。暑いし、昼間だったので、見当たらず。試しに「ぬーちゃん!」と呼んだら、すーっと出てきました。
     意外に泳ぐのは速いです。1匹しか出てこなかったけど、もっといるんでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとう御座います。
      私は、2年前に3匹、去年1匹見ましたが、適当にお堀をウロウロしてる様でした、多分相当居る様に思います。
      人間が居ると、寄って来る様です。
      多分、エサやりをする人が居られるからでしょう。

      削除