ごあいさつ

当協会は、無認可任意団体・日本ヌートリア交流協会です。
ヌートリアと言いますのは、ネズミの化物の様な動物で、頭の先から尻尾の先まで、大きなもので、1m弱。
しかし、雰囲気はビーバーちゃんの様なカワイイ生き物です。
ところが、各自治体等から、有害獣に指定されて、肩身の狭い思いをしてる様です。
当協会は、このヌートリアを暖かく見守ってあげよう、と言うものであります。

発起人 hiromon

2012年11月22日木曜日

ヌートリアを見に行ったら、代わりにカワセミを見ました。

18日(日)午後3時過ぎに、伊丹市の緑ヶ丘公園に、ヌートリアを見に行きました。
毎度おなじみの散歩コースです。

公園入口から、池の方に歩いて行くと。
見つけました、いきなり発見です。
「カワセミ」を・・・・・・・・・・

カワセミと言えば、深山幽谷分け入り、清流中の清流で、やっと見つけたらエメラルド色の羽根を燦かして、あっという間に飛び去って行く・・・・・
と言うイメージを持ってましたが、ここ数年、町中の池や川沿いでアッチコッチで割りと見ます。
緑ヶ丘公園も例外ではなく、下手すると、ヌートリアよりもよく見かけます。

肝心のヌートリアは?

居そうな雰囲気ですが見つかりません・・・・・

と言う事で色付いた紅葉などを見ながら散策して、帰宅しました。


オイオイ!それじゃ、「日本カワセミ協会」やん、と言う声が聞こえてきそうです・・
一応、ヌートリアのビデオも置いておきます。




1 件のコメント:

  1. 天敵のいない日本での爆発繁殖・・・・いずれ生息数が拮抗したとき、肉食になり、人を襲うようになるかもしれませんね。なぜなら、本来食べない水中の貝類・魚類も捕食し始めたから。

    返信削除