ごあいさつ

当協会は、無認可任意団体・日本ヌートリア交流協会です。
ヌートリアと言いますのは、ネズミの化物の様な動物で、頭の先から尻尾の先まで、大きなもので、1m弱。
しかし、雰囲気はビーバーちゃんの様なカワイイ生き物です。
ところが、各自治体等から、有害獣に指定されて、肩身の狭い思いをしてる様です。
当協会は、このヌートリアを暖かく見守ってあげよう、と言うものであります。

発起人 hiromon

2012年11月28日水曜日

昆陽池公園、観察橋下に、ヌートリア除け金網設置か?

25日(日)前日の大雨が止んで、晴天に成りました。
朝一番(日曜時間)に、自転車で昆陽池公園に向かいました。

ちょっと来ない間に、ずいぶん冬鳥が増えた様子です。



鳥たちの鳴き声も賑やかで、冬の到来を感じさせます。

ん??
んん????

よく見ると、観察橋の下部に、怪しげなる網が見えます。
金属ネットのようです。
何時、設置されたのでしょうか?



以前は、カモなどの小型の水鳥たちは、観察橋の下を泳いで行き来してました。
しかし、鳥なら、ちょっと面倒でも、ひとっ飛びで観察池内に入れます。

それならば、対象は?
泳ぎ専門と言えば、やっぱり「ヌートリア」でしょうか?




オイオイ、これで終わったら、「日本野鳥の会」や!!
と言うお叱りのお声が聞こえてきそうなので、お約束のヌートリアを!

0 件のコメント:

コメントを投稿