ごあいさつ

当協会は、無認可任意団体・日本ヌートリア交流協会です。
ヌートリアと言いますのは、ネズミの化物の様な動物で、頭の先から尻尾の先まで、大きなもので、1m弱。
しかし、雰囲気はビーバーちゃんの様なカワイイ生き物です。
ところが、各自治体等から、有害獣に指定されて、肩身の狭い思いをしてる様です。
当協会は、このヌートリアを暖かく見守ってあげよう、と言うものであります。

発起人 hiromon

2017年1月30日月曜日

ついに、大阪城のヌートリアの秘密が明かされる

沼狸庵翁嫡斎(私のペンネーム)は新刊本を発行致しました。
タイトルは「聚楽亭の公達たち」
本著でついに、大阪城のヌートリアの秘密が明かされます。


http://amzn.to/2kJAhP0

主な登場人物は、生年順に

関白左大臣 豊臣秀次
備前中納言 宇喜多秀家
宰相中将 結城秀康
式部卿 八条宮智仁親王
金吾中納言 小早川秀秋



大阪城のヌートリアの秘密を解き明かすのに、この豪華絢爛の登場人物を用意致しました。

黄金に満ちた綺羅びやかな政権を打ち立てた豊臣秀吉、しかし大した出自を持たない秀吉には強固な一族郎党が存在しなかった。
また、秀吉自身も晩年まで実子に恵まれず、政権に後継者が居ないという重大な不安を抱いていた。
本能寺の変以後、天下取りが現実のものとなった秀吉はこの欠陥を予見して着々と手を打っていた、すなわち、養子猶子を設定し疑似一族を構成したのだ。

ヌートリアのために、結構大掛かりです。
ご興味がお有りの方は、ご一読頂けたらありがたいです。

お取り扱いは、現在Kindle版のみに成っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿