ごあいさつ

当協会は、無認可任意団体・日本ヌートリア交流協会です。
ヌートリアと言いますのは、ネズミの化物の様な動物で、頭の先から尻尾の先まで、大きなもので、1m弱。
しかし、雰囲気はビーバーちゃんの様なカワイイ生き物です。
ところが、各自治体等から、有害獣に指定されて、肩身の狭い思いをしてる様です。
当協会は、このヌートリアを暖かく見守ってあげよう、と言うものであります。

発起人 hiromon

2011年1月27日木曜日

鳥インフルエンザ伊丹にも襲来

去年より恐れていた、鳥インフルエンザが伊丹市に来ました。
瑞ヶ池公園で、感染死しているカイツブリが見つかったそうです。

高病原性鳥インフルエンザ(H5亜型)だと言う事です。

市当局も、神経ピリピリさせてる様で、すぐ隣りの緑ヶ丘公園でも、厳戒態勢で非常線が設定されてました。
緑ヶ丘公園のヌートリア君も、看板を見て引っ込んでいる様で、居ませんでした。




4 件のコメント:

  1. 初めまして、大阪在住の者です。
    去年、飼っている犬と淀川の河川敷を散歩中、川を泳ぐ大きなネズミ君を発見しました。可愛いような、奇妙なような…
    先日、久し振りに同じ場所に行き、まだ元気でいるかなぁと川の方を観察しつつ歩いていると、いましたいました、このくそ寒いのにいそいそとご飯探しに必死でした。
    しかし、去年より明らかに数が増えている…
    しかも、人を恐れず何かおくれ、と近寄って来る…
    外来種で、繁殖能力が強く、寒さにも強い。
    ああ、害獣だ!駆除しろ!と彼らの生命が脅かされるのは目に見えているなあ、彼らは何も悪くなし、私からすれば、愛くるしい小動物やのになあ、何とかならんやろか…
    と思っていたところ、この協会を発見致しました!
    彼らを救える手段が見つかった訳ではないのですが、心から彼らを愛おしく思ってらっしゃる方々がいるという事実を知り、本当に心強く感じました。
    とにかくその思いをお伝えしたく、コメントさせていただきました。
    可愛いというだけではどうにもならないのですが、できるならば小さな命を「駆除」して欲しくない思いでいっぱいです。
    また、ブログちゃんと読ませていただいて、コメントなど、させていただきます。
    よろしくお願いします。

    返信削除
  2. 山原様、ありがとう御座います。
    最近、寒さと鳥インフルエンザで、公園にヌートリアを見に行ってません。
    どうしていることやら・・・
    自然界の摂理は、複雑です。
    人間が調整できるかは、疑問です。

    返信削除
  3. http://www.youtube.com/watch?v=iGT-TGodKyc

    返信削除
  4. 匿名さま、ありがとう御座います。
    完全にペット状態ですね。

    返信削除